消費者金融を初めて利用するなら

お金に困っている人は、銀行などの金融機関に駆け込んだりしていると思います。
ですが、初めて消費者金融を利用する人はやっぱり怖いとか不安とか、またどこを利用すればいいのか分かりませんよね。
その時は人気ランキングをチェックして、色々比較をしてから利用先を決めるのがいいと思いますよ。
分からないことも多いとは思いますが、それは利用したい消費者金融を見つけてからで構わないので大丈夫です。


<消費者金融は年収を考えてから決める?>

銀行は年収の3分の1に関係なく、借りる事が出来るようになっています。
しかし、消費者金融は規制の対象になっているから年収の3分の1以上は借りられないようになっているのでご注意を。
年収が少ない人は、よく考えてから利用先を選ぶようにした方がいいかもしれません。
ちなみに、消費者金融は怖い人が取り立てに来たりしないから安心して頼ることが出来ますので、心配無用です。


<カードを先に作っておく?>

いざという時、すぐ駆け込むことが出来るよう先にカードだけ発行しておくのがいいでしょう。
申し込みから始めて借入をするのは時間をだいぶロスしてしまいますから、利用したい場所を先に決めて手続きを。
消費者金融は、比較的どこでもカードだけ作ることが出来ますから大丈夫なはずです!

銀行系カードローンよりも消費者金融が審査に通ると言われる理由は?

よく、銀行の行うキャッシングローンと消費者金融の商品を比較しているページがありますが、多くのサイトで、消費者金融は審査に通過する確率が高い分だけ、利息が高いということが書いてありますよね?多くの消費者金融は銀行と資本提携も行っていますが、審査が通りやすいと言われるのはなぜでしょうか?


消費者金融は少額ローンの先駆者

銀行が大きな融資だけを行っていたときから、少ない金額で気軽に利用できるローン商品を扱ってきました。そのため、消費者金融では、少ない金額で保証人などを一切必要としないローン審査の条件などのデータをしっかりと持っています。スピードを重視したサービスの先駆者なので、どのような人から過去に返済があったか、返済が止まってしまった人の特徴などもしっかりと把握しているといえるそうです。


保証会社がないから、審査がやさしい?

銀行よりも、審査している項目が少ない、誰でもとりあえず貸している、というわけではなく、消費者金融は一つの貸金会社という会社です。一方で銀行は破たんしたときのために、保証会社がいます。ローンの貸し出しも保証会社の許可を必要とするため、単独で判断できるというメリットから、審査がやさしいという声があるそうです。

消費者金融のおまとめローンの仕組みを知りたい

消費者金融で増加しているローン商品に、おまとめローンというものがあります。これはいくつかある借金を一社で借り変えて、借金一本化を行って、返済で感じるストレスや手間などを解消しましょう、というサービスとなりますが、消費者金融では実際にお金を借りないというパターンもあるそうです。


消費者金融でお金を借りないローンってどうゆうこと?

まず、おまとめローンを利用する場合には、最低でも2社以上からの借り入れがあることが条件となります。そうすると2社分の返済日と返済に関する操作などを必要としますよね?そこで2社分の借金をまるごと、おまとめローンを扱う会社で借り換えるのです。A社とB社で10万円ずつ借りている場合、C社で20万円のローンを利用して、C社からA社とB社へ返済を代行してもらうという仕組みです。


総量規制から除外される理由は?

消費者金融では、年収の3分の1以上は借りることができないという法律があるのですが、おまとめローンの場合は、新しく融資を受けるわけではないことや、借りている借金をスムーズに返済することを目的とするローンという特徴、返済する金額がまとまると金額が高くなるというローンの特性から、総量規制対象外の商品となっているそうです。

消費者金融で人気の高い即日融資

消費者金融では人気の高い商品に、審査スピードの速い即日融資などがあります。インターネット上から申し込むことができて、早ければ30分くらいで融資をしてくれるかどうかや、限度額なども分かると言われていますし、自分の口座まで振り込んでもらうこともできます。


消費者金融ならではのスピード重視サービス

銀行などでは今まで、住宅ローンなど金額の大きな融資ばかりを扱っていました。少額ローンを扱い始めたのは最近とも言われていますから、消費者金融だけが、過去は保証人なども必要がないローンを金融商品として提供していたと言われることもあるそうです。そのため、保証人などの後ろ盾のない人の審査基準や審査項目などの知識は消費者金融のほうが強いと言われています。このような理由から、時間のかからない審査を生み出したそうです。


ほかにもある金融商品

スピード審査はもちろん魅力的で人気の高い、メインの商品ではありますが、ほかにも消費者金融ではおまとめローンなど、その場で必要な現金を扱わない商品を置いている会社も増加しています。おまとめローンは総量規制の規制対象除外商品ですから、ギリギリまで借りている場合でも返済にかかるストレスを減らすためにも、活用している人も増えているそうです。

おまとめローン審査通らない・・・・・おまとめローンの審査になぜ通らないのか、その理由がわかるサイト。

消費者金融を比較するときは利息だけじゃない

消費者金融は会社によって利息の設定を行っています。法律では上限を定めているだけなので、それ以下の利息率であれば、どの程度の数字にしてもいいからです。金利が高いと、返済の負担が増えるというのはご存知のとおりですが、今はサービス内容なども大きく影響するそうです。


消費者金融は初回がおとく?

消費者金融が増えたことから、多くの会社が既存のユーザー以外に、新規でカードローンキャッシングを利用する人を増やす目的で、初回利用者特典というサービスを行っています。キャンペーン期間などでもこのサービスには変化があるのですが、多くの消費者金融では、初回に無利息期間があるというものが好評なのだそうです。日数なども各々で内容が異なりますが、一般的に1週間から30日程度まで幅があります。


返済総額はいくらになるのかをチェック

こうなると、無利息期間に返済を進めることができるほうが利息負担金額の総額が安くなるケースもゼロとは言い切れないそうですから、キャンペーンや初回サービスを活用したときに負担する金利の金額を明確に出すことが大切になるそうです。また返済日を選ぶことができるプランを提供している会社も多いですから、実際に自分がお金を返すときにストレスの少ない方法を選べる会社を選ぶといいでしょう。

消費者金融と利用者に関する法律について知ろう

消費者金融では、少ない金額のお金を保証人や担保を準備せずに借りることができるため、若い世代でも気軽に利用できるそうです。以前、利息を多く取っていたことから問題になったこともありますが、今は非常にきちんと法律も整っているのです。


消費者金融は貸金業法

消費者金融や利用するユーザーを守っている法律を貸金業法といいます。他にもクレジットカードなどを扱う信販会社が守らなくてはならないのも、この法律です。平成15年に改正され利息などの上限も下がったそうです。それと同時に、利用者にも貸し付けに明確な上限を設けるなど、私たちも気を付けなくてはいけない変更点があ利ますから確認していきます。


収入証明書の提出義務と総量規制

総量規制というのが、年収に対して設けられた、貸し付けの上限金額です。この金額は、年収の3分の1までとなっていて、収入が定期的にあり、どんなに返済ができるといっても、これ以上の金額を貸してくれることはありません。万が一借りられる会社があった場合、それは法律違反になりますから、危ない金融機関だと思いましょう。また収入証明書の提出も、一社から50万円を超える場合、複数の借金が100万円以上だと提出する義務が生じるようになりました。

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文