消費者金融と利用者に関する法律について知ろう

消費者金融では、少ない金額のお金を保証人や担保を準備せずに借りることができるため、若い世代でも気軽に利用できるそうです。以前、利息を多く取っていたことから問題になったこともありますが、今は非常にきちんと法律も整っているのです。


消費者金融は貸金業法

消費者金融や利用するユーザーを守っている法律を貸金業法といいます。他にもクレジットカードなどを扱う信販会社が守らなくてはならないのも、この法律です。平成15年に改正され利息などの上限も下がったそうです。それと同時に、利用者にも貸し付けに明確な上限を設けるなど、私たちも気を付けなくてはいけない変更点があ利ますから確認していきます。


収入証明書の提出義務と総量規制

総量規制というのが、年収に対して設けられた、貸し付けの上限金額です。この金額は、年収の3分の1までとなっていて、収入が定期的にあり、どんなに返済ができるといっても、これ以上の金額を貸してくれることはありません。万が一借りられる会社があった場合、それは法律違反になりますから、危ない金融機関だと思いましょう。また収入証明書の提出も、一社から50万円を超える場合、複数の借金が100万円以上だと提出する義務が生じるようになりました。

Comments are closed.